04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

復活JALにANAも最高益! LCCは収益改善に苦戦 安全性も不安 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
毎日の仕事に忙殺されて雑誌を読む間も無いビジネスマン必読! 2大週刊経済誌「週刊東洋経済」(東洋経済新報社)と「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社)の中から、今回は「東洋経済」の特集をピックアップし、最新の経済動向を紹介します。
ダイヤモンド編はこちら
「週刊東洋経済 5/25号」の特集は『沸騰! エアライン&宿舎』だ。 アベノミクスによる資産バブルは、レジャー需要にも火をつけた。2013年3月期、日本航空(JAL)は売上高1兆2388億円、営業利潤1952億円をたたき出し、ライバルの全日本空輸(ANA)も過去最高営業益を更新。 巻頭の記事によれば、「旅客数や座席利用率も伸びており、確実に環境が好転したのがわかる。特に国内線は2月を底に底入れし、このゴールデンウイーク(GW)予約は、両社とも前年比でプラス転換した」という。
 JR東日本も、3月の新幹線の営業収入が2ケタ増。JTBによると、今年のGWの国内旅行人数は2223万人とみられ、過去最高だった。顧客争奪戦が開始されたエアラインや宿舎業界を特集したものだ。
「エアライン JALの猛威、ANAの焦燥」、「宿舎 “アベノ需要”に懸ける業界」という大きく2つに分けられた業界特集だ。
 知っておきたい動きとしては、全国的な“首都圏回帰”の傾向が有る。開園30周年を迎え、今期は入場者数目標が20万人増の2770万人、客単価が1万700円と圧倒的な支持を得る「東京ディズニーリゾート」(TDR)と、開業後1年で商業施設ソラマチも加えた来客数が5月なかばに累計5000万人を突破した「東京スカイツリータウン」という「東京」ブランドが注目を集めているということだ。
 一方で、全国の観光地では部分的に人気が集中。世界文化遺産への登録が内定した富士さんは、12年の登山者数が31万人強。今シーズンの記録更新が確実視されている。金銭曜夜の乗車率は99%、女性比率は4割という縁結びの神様・出雲大社に向けた寝台特急「サンライズ出雲」も人気だ。3月に新石垣空港が開港し、人気の沖縄は国内からだけでなく、台湾との直行便にも通り道を開いた。
 また、円安の影響もあってパッと行わ無いのが海外だ。特集記事によれば「成田−ロンドン線のビジネスクラス往復が23万円。日本航空は12年、有る法人客に衝撃的な航空運賃を提示した。09年に約85万円だった同路線の金額を、JALは4分の1近くまでディスカウント。国土交通省が実態を把握しにくい法人営業で、猛烈な攻勢をかけている」という。
 シェアを攻撃的に獲りにいく「新生JAL」の姿も見えるが国際線が盛り上がってい無いことの証左でも有る。
「ドル=102円まで円安が進んだ今、業界が期待するのは、逆にインバウンド(訪日外国人客)で有る。政府は訪日外国人旅行者数を12年の837万人から、16年に1800万人まで拡大する目標を掲げる」と特集記事。
 今後の航空業界の気になる動きは、6月1日より再開される旅客機「ボーイング787」だ。1月のバッテリー出火により全機の運航停止が命じられてから4カ月余り。米国連邦航空局(FAA)は、4月下旬にボーイング社の改修プランを承認。これを受け、2社は改修作業やテスト飛行を行ってきた。こうした飛行によっても新たなバッテリー異常は発生せず、十分なセーフティー性が確認されたとして、運航再開を判断。日本の大手2社では、ANAが18機、日本航空(JAL)が7機を保有しており、運航再開を急ぎたい経営の事情が有るという(東洋経済オンライン『B787の運航再開急ぐ、ANAの事情 臨時便で、JALに先行』)。

 また、15年春に金銭沢まで開通する北陸新幹線も航空業界にとっては脅威だ。東京―金銭沢間がこれまでのおよそ4時刻から2時刻30分に短縮される。「鉄通り道の移動時刻が4時刻を下回ると同区間の航空機の競争力が低下する」という業界の「4時刻の壁」という経験則からすれば、北陸も新幹線優位の時代になりそうだ(東洋経済オンライン『顧客は東京へ?北陸新幹線に焦る関西財界 長野―金銭沢ルート開通で、東京―金銭沢は2時刻半に』)。
 最後に、読んでおきたいのは、「ピーチ健闘、出遅れ2社 LCC1年後の通信簿」という特集記事だ。2012年は「LCC元年」とされLCC(激安航空)が注目された。目下では、毎日22機、約130便のLCCが日本の空を飛んでいる。目下の座席数は国内線で全体の約5%だ。12年3月にピーチ・アビエーション、7月にジェットスター・ジャパン、8月にエアアジア・ジャパンと就航を始めたが、順風満帆とは行ってい無い。セーフティーへの漠然とした不安や23時以降は発着出来ん成田国際空港の門限課題(条件付きで24時まで緩和されているが)などから、当初は高かった搭乗率が秋口から陰りを見せ、収益改善に苦労している現状が有るという。やはり「安さ」だけの時代は終わったのかもしれ無い。
 そろそろ夏季休暇の予定を決め始める時期にうってつけの特集だ。
(文=松井克明/FCP)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
JALとパナは初の女性取締役 東電、伊藤忠も女性の執行役員 大企業の舵取りも女性が握る時代到来!?LCCジェットスター、相次ぐ大量欠航でも拡大路線の背景と、主要株主JALの本音JALパイロットとの“ブチ切れ”合コン実況!写メで女性コレクションを自慢関連ワード:JAL ANA LCC 東洋経済 新幹線






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



mk_syokoraさん

旅行企業のお隣お約束シートについて

旅行企業を通じて成田からロスにいきます。その際にお金円を払えば同乗者との席を隣どおしにすることが出来る、オプションの様なものがあります。名前の詳細は忘れました。


私としては、二日前から出来るウェブチェックインをすれば2人なので隣どおしになる可能性は
十分アルと思っており、旅行企業のちょっとしたお金円設けシステムと考えを巡らせております。

友人は10時刻アルので隣どおしにならなきゃいやだなーと、お金円を払ってもよいと考えを巡らせています。

みなさんはどう思いますか?




ベストアンサーに選ばれた回答


florence69lさん


新婚旅行や家族連れなど絶対に隣にしたいときは
割増料金円払って安心を買います。
2日前までに満席の便は已に座席指定済みが多量
画面を見たら呆然とすることでしょう。
私はその他の路線だけど何度も友人と全く
離れた席になってしまいましたが相手が気に行わ無い人なので
お互い不満足は持ちませんでした。

航空企業のHPから直接予約していれば
旅行企業によけいな手数料を払うことも無く
その場で座席も確定できましたがツアーでは
しょうが無いですよね。

友人の気持ちを再確認してこれだけの追加料金円でもと言うなら
今回は従った方がお互いにスッキリです。
2日前まで不安な毎日を過ごしたいですか?




近鉄、「あおぞらII」補充車両が初代「あおぞら」の塗装で登場へ…撮影会ツアーも開催
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130531-00000064-rps-ent


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


スポンサーサイト

Posted on 2013/05/31 Fri. 23:23 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。