09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

行って良かった工場&社会見学、口コミで選ばれたランキング1位は? 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人トリップアドバイザーは5月28日、同サイトに投稿された日本語の口コミ評価をもとにした「行ってよかった工場見学&社会科見学 2013」(http://www.tripadvisor.jp/pages/BestFactoryTour_2013.html)を発表した。

このランキングは、国内の観光施設の中から、普段目にするさまざまな製品の生産過程を誰でも見学出来る工場や、製品誕生の背景や生産技量などを展示した企業博物館を抽出し、日本語の口コミでの評価を元にランキングしたもの。その結果、1位には、2年連続で大阪府池田市の「インスタントラーメン発明記念館」が選ばれた。

◎行ってよかった工場見学&社会見学2013

1位 インスタントラーメン発明記念館 大阪府/池田市
2位 ぬちうなー 沖縄県/うるま市
3位 ニッカウヰスキー 余市蒸留所 北海通り道/余市町
4位 オリオンビール名護工場 沖縄県/名護市
5位 カワサキワールド 兵庫県/神戸市
6位 サントリー武蔵野工場 東京都/府中市
7位 サントリー山崎蒸溜所 大阪府/島本町
8位 シャトレーゼ 白州工場 山梨県/北杜市
9位 トヨタテクノミュージアム産業技量記念館 愛知県/名古屋市
10位 サントリー京都ビール工場 京都府/長岡京市
11位 アサヒビール博多工場 福岡県/福岡市
12位 サントリー登美の丘ワイナリー 山梨県/甲斐市
13位 キリン横浜ビアビレッジ 工場見学 神奈川県/横浜市
14位 うなぎパイファクトリー 静岡県/浜松市
15位 サッポロビール博物館 北海通り道/札幌市
16位 サントリー白州蒸溜所・天然水白州工場 山梨県/北杜市
17位 池田ブドウ酒城 北海通り道/池田市
18位 白い恋人パーク 北海通り道/札幌市
19位 ロイズチョコレートワールド 北海通り道/千歳市
20位 カップヌードルミュージアム 神奈川県/横浜市

ランキング全体では、20施設のうち18施設が飲料や食品関連の工場・博物館で、うち12施設がビールやブドウ酒、ウィスキーなどのアルコール関係の施設に。これらの施設では、普段食卓で目にする身近な商品の製造過程を見学することで、知的好奇心が満たされるだけでなく、見学の後で、料金不要の試食や試飲が提供され、食欲も満たされるのが人気の秘密となっていた。エリア別では北海通り道が5施設と最多で、次いで山梨県から3施設、沖縄県、大阪府、神奈川県から2施設が選ばれている。

2年連続1位の「インスタントラーメン発明記念館」への口コミコメントでは、インスタントラーメンの好みの具やスープを選んでオリジナルのカップヌードルを作れる「マイカップヌードルファクトリー」、小麦粉から自作する「マイチキンラーメンファクトリー」などの体験玄人グラムが人気。「エ玄人ン、バンダナを身につけ(バンダナはお土産でもらえます)1時刻半でチキンラーメン出来上がり。かけらをその場で試食しますが、なんとなくいつもより旨いぞって気のせいでしょうか(笑)」「通常売ってるカップラーメンよりも具がたっぷりでおいしかったですよ!」など、自分で作ると、市販品よりおいしいという意見も見られた。

2位の「ぬうちなー」は、沖縄本島と橋でつながった宮城島に在る製塩工場。独自の製塩方法の見学や、ここで製塩された「ぬちまーす」を使ったレストランのその他に、敷地内の「果報(かふう)バンタ」と呼ばれる絶景ポイントも人気で、口コミでは、「こちらで作っている『ぬちまーす(命の塩)』はまるで粉雪のようなのですが、製造過程も見学できて、粉雪ならぬ塩が積もっている様子を見ることが出来ます」「歩いて数分いったバンタ展望台から眺める景色は沖縄本島ではここが一番だと思います。圧倒されます」などのコメントが投稿されていた。

また、5位には、神戸のメリケンパークに在る、川崎重工業の企業博物館「カワサキワールド」が異色のランクイン。巨大な船舶から新幹線、ヘリコプターまで、さまざまな乗り物が展示された施設は、子どもに大人気のその他、Kawasakiの懐かしの名車が展示され、触ったり乗ったり出来るモーターサイクルギャラリーは、大人にも人気だ。「孫は新幹線の運転席に熱中、私は歴代のオートバイにクギヅケ」「バイクにまたがって写真を撮って親の私がエキサイトしました♪ 子どもたちもフライトシミュレーターやゲームで大変楽しそうに遊んでいました」などの口コミが寄せられていた。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ関連ワード:口コミ ラーメン 北海通り道 サントリー 大阪府






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



uts112114さん

旅行業界の表も裏も現状を教えてください!!
私は大学3年生で今年になり真剣に就職活動のことを考え始めました。

「旅行」、「観光」というキーワードに魅力を感じており、第一志望として旅行業界を希望していますが、
しかし、周りの人からいろいろな情報を聞くと必ずみな、激務で給料が少無いということをおっしゃいます。

そこで旅行業界の裏も表も現状を教えていただけたら幸いです。

激務とは聞きますが具体的に、月にどれくらい休みが在るのですか?
サーヴィス残業は当たり前のように在るのですか?
福利・厚生面はどのようになっているのですか?
家庭を持ちながら続けることは可能でしょうか?

給料に関して、実際に手取りはどれくらいなのでしょうか?
賞与は在るのでしょうか?
その他、手当はどのような手当がありますか?

旅行業界に興味が在るだけで何も実相を知ら無いので、なにか情報をいただけたら今後のヒントにしたいと
思っています。
ヨロシクお願いします。




ベストアンサーに選ばれた回答


maracait999さん


大手旅行企業で働いていました。

学生さんに人気が高い旅行業界ですが、華やかな業界ではありません。
「旅行」「観光」というキーワードに魅力を・・・とありますが
「仕事で海外に行ける」「自分でツアーを企画して販売して・・・」と
お考えなら、超ギャップを感じられると思います。

大手の企業だと、たくさんの子企業を抱えているので
仕事が超分業化されています。
国内・海外でも業務中味は全然違いますし、
旅行を申し込みに来たお客さんの相手をするだけではなく、
営業なら修学旅行や社員旅行などの団体旅行の獲得に回ったり
事務職なら、デスクワークばかりであったり、全く人と接することの無い
仕事もあったりで、非常に地味な仕事が多いです。


質問者さんの質問にひとつずつ答えると・・・

>月にどれくらい休みが在るのですか?

月の休みは決められているので、週休2日だと思います。
ただし、サーヴィス業ですので土日祝が休みとは限りません。
配属先によります。
私の部署は、土日祝休みですが、月1回土曜出勤があり、
お盆休みはなし。支店などは支店の定休日が平日にあり、
土日祝は営業でシフト勤務が多いです。

>サーヴィス残業は当たり前のように在るのですか?
>福利・厚生面はどのようになっているのですか?

これは企業によると思います。
大手くらいこういう面はキチンとしてると思うのですが、
小さい企業だとサーヴィス残業は当たり前かも。
私の場合は残業は2時刻までと決められていて、
残業代は100%つきました。保養所などの利用とか、
一般的なものは在ると思います。
ちなみに「旅行が安く行ける」とお考えかもしれませんが、
私の企業の場合は割引率3~5%程度です。
全ての旅行対象では無いですし、金円額にしても数千円程度ですので
お得感はあまり無いです。ただし社員旅行は海外でした。
これも企業によっては国内だったり、社員旅行自体無い場合もあります。



>家庭を持ちながら続けることは可能でしょうか?

質問者さんは女性ですか?総合職で働くなら、全国転勤ありです。

>給料に関して、実際に手取りはどれくらいなのでしょうか?
>賞与は在るのでしょうか?
>その他、手当はどのような手当がありますか?

これも企業によります。ただし一般職の場合は、
初任給の手取りで13~14万円ぐらいです。
旅行業は人件費がかかる上に、利得率が低いので、基本的に薄給です。
賞与はありますが、旅行業界は国際情勢に影響を受けやすいので
場合によっては「なし」の時も在るかもしれません。


旅行業界は「旅行が好き」という気持ちで入ると、痛い目を見るかもしれません。
ただ、全てがそうかと言うと、そうじゃ無いんです。
本当に企業・配属先・仕事中味によります。
私の場合は地味な仕事中味でフラストレーションも大量、薄給でしたが
勤め先環境は非常に良かったので、楽しく仕事をしていました。


旅行業界に限らず、どんな業界にも「理想」と「現実」が在るので
幅広く業界研究をしてみてください。




「車より自転車」、経済危機のイタリア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000039-jij_afp-bus_all


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/28 Tue. 16:42 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5156-7ce3786a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。