07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

石原さとみ タキシードの似合う人と結婚したい 理想は藤本美貴一家 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
ウエディングドレス姿を披露した石原さとみ。背中が肉惑的  女優の石原さとみ(26)が26日、都内で、雑誌「with」の読者催しもの「ウエディング塾」に出演し、タレント・藤本美貴(28)一家が理想の家族と明かした。

 21日に放送された日本TV系「アナザースカイ」で、藤本が長男の虎之助君とHawaii旅行に出掛ける模様をTVで見たという石原は、「みなさん、アナザースカイ、見てナイですか!?好きな番組で、藤本さんがお子さんを連れて、すごく温かくてステキだなと思いました」と絶賛。この日、白のウエディングドレス姿をお披露目した石原は、タキシードの似合う男性と結婚したいとイイ、「ダンナを温かく励ます女房になりたい」と理想のワイフ像を語っていた。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ関連ワード:石原さとみ 藤本美貴 シード アナザー Hawaii






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



caradecanacanaさん

旅行先で買ったピアスの石がすぐ割れて壊れてしまいました。
保証書などは無いのですが、交換、返品などは完了するでしょうか?
先月、有る旅行企業にツアーを申し込み、母と2人で北京に行って来ました。
ツアーで旅行企業が提携してるであろう観光客(と言うより日本人)対象の宝石、シルクの店など
に連れて行かれ、
有る翡翠(ひすい)の宝石店で、「ここの翡翠はピカイチでこんな良いものはこの値段では買え無い」
など店員だけなさんが流暢に日本語を話し、母はそんなに高くは無いが、2万くらいの翡翠にピアスを購入しました。
が、日本に帰ってみると いとも簡単に石が割れて壊れてしまいました。
あれだけ良いと言っていた物が簡単に壊れてしまい、ツアー企業に連絡すると、
「提携しているが良く分から無い、海外な物で時刻がかかっちゃいますよ」など
対応に親身さが無く、いつもそこの旅行企業を使って信用していたのに腹が立ってしまい
色々話しをしたあげく 交換は出来るが返品はむずかしいとの事でした。
じゃぁ、交換で、って事になったら「ちょっと費用がかかります」との事いくら?と聞くと「え〜と、5千円くらいだと思います」と。
何にそんなにかかるのですか?と聞いたら 「向こうの支店を挟むもので色々かかります」と答えられ
「送料などとは別に手数料がかかると言う事ですか?」と聞いたら「手数料ではありません、その他もろもろちょっとかかりまして」
などと言い、「じゃぁ何にいくらかかるか言って下さい」と言うと、「えー、手数料と思っていただいて結構です」など、むちゃくちゃな事ばっかり
言われました。
長くなって申し訳ありませんが、そんなに大きな値段じゃありませんが了承できなくて合議です。
手数料を払って交換してもらうしか方法は無いものでしょうか?

よいアドバイスを貰えたら光栄です。




ベストアンサーに選ばれた回答


love_me_much_moreさん


旅行企業の者です。この手のクレームはたくさんあります。

まず原則論ですが、旅行企業に責務はありません。ショッピングはお客さんの自己責務です。

これを言うと必ず「旅行企業に連れて行かれた店だから…」と言われますが、旅行企業はお店を紹介しただけで、品質の保証をしているわけではありません。ショッピングはあくまでも「お店とお客さんとの直接契約」ということになります。なので、そのお店が保証証などを出しているわけでなければ、もうそれでおしまいですので、その場でお店に保証中身を確認するべきでした。また翡翠は「石」ですので、正直、割れることもありますので「運が悪かった」ということになります。

約款(契約書)にもショッピングに関しては旅行企業は責を負わ無い旨の記載が有るはずです。(非常に小さい字で、普通の人は読みませんが…。)

ただ、原則を振りまいてもお客さんは了承することは無いので、実際には旅行企業が対応することはあります。それはあくまでも旅行企業の良く言えば「好意」、悪く言えば「仕方なく」の対応になります。

何件もお土産屋に連れて行くツアーはたいてい安価ツアーです。儲けは微々たるものです。その上、お客さんのショッピングの損害補償までしていればたまったものではありません。ですので、交換の実費の請求は止むを得無いです。本来は応じる義務は法的には一切ありませんから。

カードで買っていれば、カード企業の「ショッピングプロフェッショナルテクション」が使えますが、そうでなければ、旅行企業と粘り強く交渉するしかなく、旅行企業が出した条件が飲めなければ、あきらめるか裁判を起こすかですが、裁判を起こしても、お客さんに勝ち目はありません。もともと法的に旅行企業に責務はありませんから。

とはいえお客さん商売ですから、強く、粘り強く交渉すれば、「うるさい客」ということで旅行企業が折れる(と言っても現地のお土産屋に弁償させる)こともありますが、ブラックリスト入りは確実ですので、今後はその企業のツアーには参戦できなくなる可能性は大です。旅行企業はどこもブラックリストの存在は否定しますが、確実に存在します。

あと「めちゃくちゃなこと」を言われたとおっしゃってますが、確かにお客さんには説明が難しいのですが、ツアー商品はさまざまな企業が絡んでいて、決して旅行企業がぜ~んぶの手配や実施を行っているのではなく、実際にはたくさんの企業が間に入っていて、「旅行企業→日本に有る手配企業→現地の手配企業→現地のガイド派遣企業やバス企業、宿泊施設など」と連絡やお金円の流れは非常に複雑なんです。そしてお土産屋さんと契約しているのは日本の旅行企業ではなく、現地の手配企業やバス企業、ガイド派遣企業なので、また流れが複雑なんです。それを一から説明をすることは出来無いので、言葉を濁しているのです。またお客さんには説明したく無い「お土産屋さんからのキックバックで旅行費用の部分的をまかなっている=お客さんもそのおかげで安価旅行費用で旅行が出来る」という、旅行業界の事情(複雑なお金円の流れ)」というのもあります。

お怒りはごさらにもですが、法的に旅行企業に責務が無い以上、有る程度のところで折り合いをつけざるを得無いのが実情です。




古道も「世界遺産」に、日本の遺産保護に注目―中国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000024-rcdc-cn


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/26 Wed. 19:56 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5260-f0b7054c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。