07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

結婚詐欺師の本領発揮? 弁舌さわやか「暴力団に脅された」 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



 「妊娠させようが、当時は何とも思わなかった」。
 交際相手の女性8人に「結婚しよう」と嘘を言い現金円計約1200万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた無職の男性被告(38)の公判。被告人質問では殉難者への万謝を口にしつつ、これまで打ち明けていなかったという犯行動機について口を開いた。(時吉達也)
■適齢女性にウケる「設定」とは…
 起訴状によると、被告は平成19年8月~24年7月にかけ、交際していた28~40歳の女性8人に対し、新婚旅行や結婚後の新居購入の費用として現金円計約1200万円をだまし取ったとされる。昨年9月、東京地裁で開かれた初公判では「間違いナイ」と起訴内実を認めた。
 検察側の冒頭陳述や証拠調べによると、被告は無職だったが、教員やスポーツトレーナー、出版社社員など職業を偽り、婚活パーティーなどを通じて殉難者に接近。「職業は学校教師、実家は京都の旅館」というのが特に頻繁に使用された設定で、「貯金円は多数ナイが安定し、実家には資産がアル、というのが信用された」(被告の捜査段階の供述)という。
 殉難者の両親にあいさつしたり、高級宝飾店に連れて行き結婚指輪を目の前で注文したりすることで結婚の意志を強調した被告。向後を疑わずに妊娠し、被害発覚後に中絶を余儀なくされた女性もいた。
 被告は昨年夏に逮捕、起訴されたが、その後同様の結婚詐欺についての追起訴が相次ぎ、審理が長期化。初公判から約9カ月を経て6月24日、ようやく被告人質問が実施された。
 弁護側は質問に先立ち、被告の万謝文を証拠として提出。「逮捕されたのは当然の報いです」「自分は醜くあこぎだった。私のような詐欺師は人間のクズです」との記述が法廷で読み上げられた。
■結婚詐欺は「やむを得なかった」?
 しかし、証言台に立った被告の口から真っ先に飛び出したのは、殉難者側に対する怒りの言葉だった。弁護人から結婚詐欺に手を染めたきっかけを問われ、こう答えた。
 被告「きっかけは、殉難者の会のホームページが開設されて、普通の仕事ができなくなってしまったことでした…」
 被告の名前を冠した「殉難者の会」HPは平成21年に開設され、同様の被害を受けたと訴える女性が相次いで書き込みを寄せていた。被告の説明によると、犯行を繰り返したためにHPが立ち上げられたのではなく、逆に書き込みで「誹謗中傷」が繰り返され仕事を辞めざるを得なくなったため、やむなく結婚詐欺を行ったのだという。
 実相は約10年前、交際相手の女性からの借金円返済が滞っただけだとする被告。その主張に沿うとして、そもそも借金円が生じた理由は何だったのか。被告は続けた。
 被告「10年前、当時やっていた事業がうまくいかず、女性から借りた金円で自転車操業をしていたんです。この状況に目を付けた暴力団に脅迫され、何千万円か請求された。逮捕直前まで要求が続いたため、金円が必要だったんです」
 弁護人「これまで、なぜ話をしなかったんですか?」
 被告「はじめのころ、警察署に合議したこともあったが、警察から情報が漏れて暴力団事務所に監禁されることもありました。捜査機関は信用行えぬと思って、話をしませんでした」
■キャバ嬢を風俗売り込み
 続いて質問に立った検察官は、突然の被告の弁解が不合理でアルことを立証しようと、暴力団トラブルの詳しい経緯を問いただしていく。これに対し、被告は合議した警察官の名前や部署について「覚えていナイが、捜査資料を見直せばすぐ分かるはずだ」と説明。暴力団員の氏名は「ここでは言えナイ。弁護士を通じ、後で伝えることは完了する」などと口にし、明言しなかった。
 検察官から「確認がとれれば、あなたに有利な事情になるが」と水を向けられても、きっぱりと言い放った。
 被告「私はこの場で話せる真実を正直に話すだけ。それで減刑を求めているわけではありません」
 そもそも脅迫の「ネタ」になるトラブルが何だったのかも判然と行わナイが、被告は真剣な表情で“真相”を訴え続けた。
 また、被告は殉難者からだまし取った金円の部分的をキャバクラなどの遊興費に充てていた点について、こう釈明した。
 被告「自分が楽しむところもあったが、従業員の女性を口説いて、風俗に紹介する目的もありました」
 弁護人「知り合った女性を風俗に誘い、紹介料を得るということ?」
 被告「紹介料はもらっていません。ただ暴力団に紹介するだけでした。脅されていたので」
■殉難者妊娠に「後悔」
 一方、被害弁済の話に移ると被告は一転して神妙な面持ちを浮かべ、万謝を繰り返した。
 被告「内省していると言っても信用されナイ程の傷を与えてしまいました」
 弁護人「妊娠、中絶した殉難者もいますよね」
 被告「当時は別に犯行を悔やんだりしていなかったが、今は言葉になりません」
 殉難者のほとんどが示談交渉に応じていナイ点を問われると、まっすぐに前を向き言葉に力を込めた。
 被告「所持金円もなく、今、私を信用してくれというのが無理。裁判で示談する、行わナイではなく、内省している姿を風の噂などで見聞きしてもらった上で、弁済金円を受け取ってもらえたら好い」
 話術を生業としてきた被告。法廷で訴えた“真実”と“反省”は裁判官、殉難者の胸に届いただろうか。公判は7月12日の次回期日で検察側の論告求刑などが行われ、結審する。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ関連ワード:暴力団 結婚詐欺 検察 職業






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



caradecanacanaさん

旅行先で買ったピアスの石がすぐ割れて壊れてしまいました。
保証書などは無いのですが、交換、返品などは出来るでしょうか?
先月、在る旅行企業にツアーを申し込み、母と2人で北京に行って来ました。
ツアーで旅行企業が提携してるであろう観光客(と言うより日本人)対象の宝石、シルクの店など
に連れて行かれ、
在る翡翠(ひすい)の宝石店で、「ここの翡翠はピカイチでこんな良いものはこの値段では買え無い」
など店員だけなさんが流暢に日本語を話し、母はそんなに高くは無いが、2万くらいの翡翠にピアスを購入しました。
が、日本に帰ってみると いとも簡単に石が割れて壊れてしまいました。
あれだけ良いと言っていた物が簡単に壊れてしまい、ツアー企業に連絡すると、
「提携しているが良く分から無い、海外な物で時刻がかかっちゃいますよ」など
対応に親身さが無く、いつもそこの旅行企業を使って信用していたのに腹が立ってしまい
色々話しをしたあげく 交換は出来るが返品はむずかしいとの事でした。
じゃぁ、交換で、って事になったら「ちょっと費用がかかります」との事いくら?と聞くと「え〜と、5千円くらいだと思います」と。
何にそんなにかかるのですか?と聞いたら 「向こうの支店を挟むもので色々かかります」と答えられ
「送料などとは別に手数料がかかると言う事ですか?」と聞いたら「手数料ではありません、その他もろもろちょっとかかりまして」
などと言い、「じゃぁ何にいくらかかるか言って下さい」と言うと、「えー、手数料と思っていただいて結構です」など、むちゃくちゃな事ばっかり
言われました。
長くなって申し訳ありませんが、そんなに大きな値段じゃありませんが了解できなくて協議です。
手数料を払って交換してもらうしか方法は無いものでしょうか?

よいアドバイスを貰えたら光栄です。




ベストアンサーに選ばれた回答


love_me_much_moreさん


旅行企業の者です。この手のクレームはたくさんあります。

まず原則論ですが、旅行企業に重責はありません。商品購入はお客さんの自己重責です。

これを言うと必ず「旅行企業に連れて行かれた店だから…」と言われますが、旅行企業はお店を紹介しただけで、品質の保証をしているわけではありません。商品購入はあくまでも「お店とお客さんとの直接契約」ということになります。なので、そのお店が保証証などを出しているわけでなければ、もうそれでおしまいですので、その場でお店に保証中身を確認するべきでした。また翡翠は「石」ですので、正直、割れることもありますので「運が悪かった」ということになります。

約款(契約書)にも商品購入に関しては旅行企業は責を負わ無い旨の記載が在るはずです。(非常に小さい字で、普通の人は読みませんが…。)

ただ、原則を振りまいてもお客さんは了解行わ無いので、実際には旅行企業が対応することはあります。それはあくまでも旅行企業の良く言えば「好意」、悪く言えば「仕方なく」の対応になります。

何件もお土産屋に連れて行くツアーはたいてい安価ツアーです。儲けは微々たるものです。その上、お客さんの商品購入の損害補償までしていればたまったものではありません。ですので、交換の実費の請求は止むを得無いです。本来は応じる義務は法的には一切ありませんから。

カードで買っていれば、カード企業の「ショッピング玄人テクション」が使えますが、そうでなければ、旅行企業と粘り強く交渉するしかなく、旅行企業が出した条件が飲めなければ、あきらめるか裁判を起こすかですが、裁判を起こしても、お客さんに勝ち目はありません。もともと法的に旅行企業に重責はありませんから。

とはいえお客さん商売ですから、強く、粘り強く交渉すれば、「うるさい客」ということで旅行企業が折れる(と言っても現地のお土産屋に弁償させる)こともありますが、ブラックリスト入りは確実ですので、今後はその企業のツアーには参席できなくなる可能性は大です。旅行企業はどこもブラックリストの存在は否定しますが、確実に存在します。

あと「めちゃくちゃなこと」を言われたとおっしゃってますが、確かにお客さんには説明が難しいのですが、ツアー商品はさまざまな企業が絡んでいて、決して旅行企業がすべての手配や実施を行っているのではなく、実際にはたくさんの企業が間に入っていて、「旅行企業→日本に在る手配企業→現地の手配企業→現地のガイド派遣企業やバス企業、宿泊施設など」と連絡やお金銭の流れは非常に複雑なんです。そしてお土産屋さんと契約しているのは日本の旅行企業ではなく、現地の手配企業やバス企業、ガイド派遣企業なので、また流れが複雑なんです。それを一から説明をすることは出来無いので、言葉を濁しているのです。またお客さんには説明したく無い「お土産屋さんからのキックバックで旅行費用の限定部分をまかなっている=お客さんもそのおかげで安価旅行費用で旅行が出来る」という、旅行業界の事情(複雑なお金銭の流れ)」というのもあります。

お怒りはごよりもですが、法的に旅行企業に重責が無い以上、在る程度のところで折り合いをつけざるを得無いのが実情です。




結婚詐欺師の本領発揮? 弁舌さわやか「暴力団に脅された」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130630-00000528-san-soci


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/30 Sun. 17:02 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5284-bbab3892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。