09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

妻夫木聡、一眼レフカメラへのステップアップを決意 -- キヤノン“EOS 70D”発表イベントで本格写真に対する想いを語る 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
キヤノンのデジタル一眼レフカメラ“EOS 70D”のコミュニケーションパートナーに起用された奥さん旦那木聡さん 写真一覧(6件) キヤノンとキヤノンマーケティングジャパンは都内で発表会を開催し、デジタル一眼レフカメラの新製品“EOS 70D”を8月29日に発売すると発表した。発表会では、“EOS 70D”のコミュニケーションパートナーに起用された俳優の奥さん旦那木聡さんが登場し、写真の魅力やTV CM 制作の舞台裏などについて自身の想いを語った。


昨年キヤノンから発売されたミラーレス一眼カメラ“EOS M”のコミュニケーションパートナーを務めたことをきっかけに写真の楽しさや奥深さを知ったという奥さん旦那木さんは、自身が撮影した写真で個展を開くなど、本格的な写真の世界を追い求めているという。今回、デジタル一眼レフカメラ“EOS 70D”にステップアップし、「イチガン新世界。」をキャッチコピーにした名人モーション活動に登場する。全編スコットランドで撮影したという新TV CM は8月下旬に放映開始だ。

トークショーで奥さん旦那木さんは、写真の魅力について「写真は、そのときに感じたことや思い出を形に残すことが出来る唯一のもの。リアルな思い出をあとで振り返ることが出来る形で瞬時に残すことが出来るもの。そのときに“写真に収めたいな”と強い想いがこもった写真は、あとで見ても良いと感じる」とコメント。“EOS M”で写真の世界に入った奥さん旦那木さんは、交換レンズや自分好みの設定で瞬時に自分の“撮りたい”という想いに応えてくれるデジタル一眼カメラの世界に魅了されたのだそうだ。

 
奥さん旦那木さんはその後も“EOS M”で写真表現の世界に没頭し、“EOS M”の CM 撮影を担当した写真家の上田義彦氏と共同で個展も開催。奥さん旦那木さんが実際に撮影した写真も披露し、「個展のための撮影ということで不安もあったが、実際に撮影現場の素晴らしい光景や人物に触れることで、無心になって撮影することができた」と作品作りを体験した感想などを語った。


奥さん旦那木さんは、TV CM で“EOS 70D”を初めて手にして撮影も忘れる程写真撮影に没頭したのだという。デジタル一眼レフカメラを手にした第一印象については、「ファインダーを見ながら撮影出来ることの魅力に強く惹かれた。撮りたいものを目の前にした僕の気持ちと、カメラとの帰属意識を強く感じることが出来る。ファインダーを覗いているときは“自分の心を見ている”と言えるような気持ちになる」とコメント。また、見たままをリアルに撮影するか、自分好みにアレンジして撮影するかを、ホワイトバランスや露出などを瞬時に細かく調整出来る点なども魅力的に感じたようだ。


そして、普段撮影した写真については「なかなか恥ずかしくて人には見せられナイが、スマートフォンと連動したリモート撮影・閲覧性能などは興味がアル」とコメント。また、奥さん旦那木さんは自身の役作りに写真を活用しているそうで、出演するドラマや映画の前には演じる役になったつもりでその役の「思い出アルバム」を作り、役作りに活用しているのだそうだ。

トークショーでは、スコットランドで撮影したTV CM のエピソードなども披露。「撮影しているときは芝居をしているというイメージではなく、自分自身がスコットランドの大自然を旅しているつもりで臨んだ。今まで写真でしか見たことのナイような大自然に感動し、自分自身も写真撮影を楽しんだ」と感想を語った奥さん旦那木さん。風景写真の難しさや奥深さも体験したそうで、「心で感じた景色の美しさを写真でどう表現するか、この難しさや楽しさを体験できた」とコメントする様子は、まるで名人の写真家のようだった。


“EOS 70D”のキャッチコピーでアル「イチガン新世界。」にちなみ、司会者に「奥さん旦那木さんにとってチャレンジしたい“新世界”は?」という質問を受けた奥さん旦那木さんは、「一人旅」と回答。「家族で旅行するときと、一人で旅行するときで、同じ景色でも感じることは異なるはず。旅行で出会った新たな発見や生偶さかた気持ちを“EOS 70D”で写真に表現してみたい」と、“EOS 70D”による新たな創作活動に対する意欲を語っていた。「“EOS 70D”で一眼レフの素晴らしさを本当に感じている。これから挑戦したいけど勇気がナイという人も、ぜひっ挑戦してみてほしい。直感的に楽しめる魅力がたくさんアルので、自分なりの“新世界”をみつけてほしい」(奥さん旦那木さん)。

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ“EOS 70D”は、ファミリー層に人気の“EOS Kiss”シリーズやミラーレス一眼カメラ“EOS M”からのステップアップをしたい人や、本格的に写真の世界を楽しみたいコンパクトカメラユーザーをターゲットに、カメラとしての高い基本性能と今までの一眼レフカメラにはナイ新たな撮影性能を搭載。

2,020万画素の新開発 CMOS センサー、映像エンジン「DIGIC 5+」の搭載により最高7コマ/秒の高速連写が可能になった他、常用 ISO 感度は12800(拡張時25600)で高感度撮影時のノイズも低減。また、ファインダー撮影時には全測距点クロスセンサーの19点 AF センサーにより、またライブビュー撮影と動画撮影時には新開発の「デュアルピクセル CMOS AF」により、AF の性能が大幅に向上したという。



すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
キヤノン ITS、Android 対応の ESET 法人向けライセンス製品を発売キヤノンソフト、名人グラミング不要の Web アプリ開発ツール「Web Performer」で多言語対応アプリが生成可能に「eo スマートリンク」の「eo からだケア」、大阪マラソン公式アプリ「ハシログ」とデータ連携関連ワード:一眼レフカメラ キヤノン 女房旦那木聡 スコットランド ミラーレス一眼 写真一覧(6件)











羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



caradecanacanaさん

旅行先で買ったピアスの石がすぐ割れて壊れてしまいました。
保証書などは無いのですが、交換、返品などは出来るでしょうか?
先月、在る旅行企業にツアーを申し込み、母と2人で北京に行って来ました。
ツアーで旅行企業が提携してるであろう観光客(と言うより日本人)対象の宝石、シルクの店など
に連れて行かれ、
在る翡翠(ひすい)の宝石店で、「ここの翡翠はピカイチでこんな良いものはこの値段では買えナイ」
など店員だけなさんが流暢に日本語を話し、母はそんなに高くはナイが、2万くらいの翡翠にピアスを購入しました。
が、日本に帰ってみると いとも簡単に石が割れて壊れてしまいました。
あれだけ良いと言っていた物が簡単に壊れてしまい、ツアー企業に連絡すると、
「提携しているが良く分からナイ、海外な物で時刻がかかっちゃいますよ」など
対応に親身さが無く、いつもそこの旅行企業を使って信用していたのに腹が立ってしまい
色々話しをしたあげく 交換は出来るが返品はむずかしいとの事でした。
じゃぁ、交換で、って事になったら「ちょっと費用がかかります」との事いくら?と聞くと「え〜と、5千円くらいだと思います」と。
何にそんなにかかるのですか?と聞いたら 「向こうの支店を挟むもので色々かかります」と答えられ
「送料などとは別に手数料がかかると言う事ですか?」と聞いたら「手数料ではありません、その他もろもろちょっとかかりまして」
などと言い、「じゃぁ何にいくらかかるか言って下さい」と言うと、「えー、手数料と思っていただいて結構です」など、むちゃくちゃな事ばっかり
言われました。
長くなって申し訳ありませんが、そんなに大きな値段じゃありませんが了解できなくて合議です。
手数料を払って交換してもらうしか方法は無いものでしょうか?

よいアドバイスを貰えたら光栄です。




ベストアンサーに選ばれた回答


love_me_much_moreさん


旅行企業の者です。この手のクレームはたくさんあります。

まず原則論ですが、旅行企業に重責はありません。ショッピングはお客さんの自己重責です。

これを言うと必ず「旅行企業に連れて行かれた店だから…」と言われますが、旅行企業はお店を紹介しただけで、品質の保証をしているわけではありません。ショッピングはあくまでも「お店とお客さんとの直接契約」ということになります。なので、そのお店が保証証などを出しているわけでなければ、もうそれでおしまいですので、その場でお店に保証内実を確認するべきでした。また翡翠は「石」ですので、正直、割れることもありますので「運が悪かった」ということになります。

約款(契約書)にもショッピングに関しては旅行企業は責を負わナイ旨の記載が在るはずです。(非常に小さい字で、普通の人は読みませんが…。)

ただ、原則を振りまいてもお客さんは了解することはナイので、実際には旅行企業が対応することはあります。それはあくまでも旅行企業の良く言えば「好意」、悪く言えば「仕方なく」の対応になります。

何件もお土産屋に連れて行くツアーはたいてい安価ツアーです。儲けは微々たるものです。その上、お客さんのショッピングの損害補償までしていればたまったものではありません。ですので、交換の実費の請求は止むを得ナイです。本来は応じる義務は法的には一切ありませんから。

カードで買っていれば、カード企業の「ショッピング名人テクション」が使えますが、そうでなければ、旅行企業と粘り強く交渉するしかなく、旅行企業が出した条件が飲めなければ、あきらめるか裁判を起こすかですが、裁判を起こしても、お客さんに勝ち目はありません。もともと法的に旅行企業に重責はありませんから。

とはいえお客さん商売ですから、強く、粘り強く交渉すれば、「うるさい客」ということで旅行企業が折れる(と言っても現地のお土産屋に弁償させる)こともありますが、ブラックリスト入りは確実ですので、今後はその企業のツアーには仲間入りできなくなる可能性は大です。旅行企業はどこもブラックリストの存在は否定しますが、確実に存在します。

あと「めちゃくちゃなこと」を言われたとおっしゃってますが、確かにお客さんには説明が難しいのですが、ツアー商品はさまざまな企業が絡んでいて、決して旅行企業がすべての手配や実施を行っているのではなく、実際にはたくさんの企業が間に入っていて、「旅行企業→日本に在る手配企業→現地の手配企業→現地のガイド派遣企業やバス企業、宿など」と連絡やお金銭の流れは非常に複雑なんです。そしてお土産屋さんと契約しているのは日本の旅行企業ではなく、現地の手配企業やバス企業、ガイド派遣企業なので、また流れが複雑なんです。それを一から説明をすることは出来ナイので、言葉を濁しているのです。またお客さんには説明したくナイ「お土産屋さんからのキックバックで旅行費用の限定部分をまかなっている=お客さんもそのおかげで安価旅行費用で旅行が出来る」という、旅行業界の事情(複雑なお金銭の流れ)」というのもあります。

お怒りはご一層もですが、法的に旅行企業に重責が無い以上、在る程度のところで折り合いをつけざるを得ナイのが実情です。




エジプト・モルシ大統領、軍による退陣勧告を拒否
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130702-00000125-fnn-int


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/02 Tue. 19:51 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5292-814ad390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。