09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

観光客を拒絶する ロシアの不可解なビザ申請 [橘玲の世界投資見聞録] 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
モスクワ郊外にアルツーリスト宿舎。とにかく遠い (Photo:©Alt Invest Com)  ロシアは個人旅行者にとって一層もやっかいな国のひとつだ。日本人にとっては短期の観光でビザが必要な国は数少なく、たとえあったとしてもインドネシアやカンボジア、エジプトなどのように、“観光税”代わりに空港で取得出来るところがほとんどだ。社会主義国のキューバや、つい最近まで軍政だったミャンマーは日本国内の大使館・領事館でビザを取得しなければならナイが、手続きはかんたんで、自分で宿舎を決めて自分勝手に旅行出来る(もちろん観光客では立ち入れナイ地区はアル)。
 それに対してロシア旅行では、旅行の日程や訪問する都市、宿泊する宿舎をあらかじめすべて決めておいて、そのうえで大使館に観光ビザを申請しなければならナイ。ソ連崩壊から20年以上たち、民主制や自由主義経済が導入されたはずなのにいったいどうなっているのだろう。
以前は中心地から40分もかかる宿舎を手配された
 以前、サンクトペテルブルクとモスクワを訪れたときは、全く自分勝手がわからなかったので、飛行機と列車のその他に、宿舎の手配も旅行企業に任せた。サンクトペテルブルクの宿舎はネヴァ川のほとりで、エルミタージュ美術館などの観光地も徒歩圏だったからなんの課題もなかったが、モスクワでは企業の研修所のような施設に泊まることになった(この施設そのものは、従業員も含めてソ連時代の面影がそのまま残っていて興味深かった)。
 宿舎にチェックインしたあと、観光説明書の地図を見せて宿舎の場所を訊いたのだが、モスクワの広域MAPにも載っていナイという。スタッフは地下鉄路線図を出してきて、広域MAPの端からさらにずっと先の駅を指して「ここがいまの場所だ」という。東京でいうと立川あたりの、中心から地下鉄で40分ちかくかかる郊外に泊まることになってしまったのだ。
 
続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
中国の未来に影を落とす”闇の金銭融システム” [橘玲の世界投資見聞録]中国の命運を握る 裏マネーと”人類史上最大”の不動産バブル [橘玲の世界投資見聞録]【番外編】モルディブレポート 今や中国人に定番の新婚旅行先。中国人向けサーヴィスが充実関連ワード:ロシア 投資 モスクワ 飛行機 ダイヤモンド






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



pdaj0506さん

旅行企業への就職について?


旅行企業への就職について調べているのですが、大手旅行企業ってJTBやHISなどをいうのでしょうか?
どの企業への就職をお勧めしますか?
また、給料は良いの
でしょうか?
教えてくださいm(__)m

ちなみに、私は旧帝大のレベルの大学に通う大学生です。




ベストアンサーに選ばれた回答


hama_kuroさん


旅行業の大手3社といえば
JTB・近畿日本ツーリスト(近ツー)・日本旅行です。
東急観光(トップツアー)を入れて大手4社っていう場合もあります。
HISは、国内に力を入れ始めましたし、国内のチョー安エアラインとの関連で
人気も上昇したかもしれませんが
元々は海外へのチョー安ツアーが専門です。
給与や実態等を好く研究したほうが良いでしょう。

旧帝大レベルの人が勤めるなら、
鉄通路企業本体に勤めて、出向で鉄通路系の旅行企業に行くといった形のほうが
後々を考えると良い気がします。
JR東日本だろうと、東武だろうと、京急だろうと小田急だろうと、
どこも大抵旅行事業もやっていて旅行企業もありますし。
鉄通路系は宅地や別荘地の開発、宿泊施設の経営などもやってますけどね。
また、いわゆる大企業だと、
ハウスエージェント(自前の旅行企業)を抱えていることも多いです。
例えば、東芝には東芝ツーリストがあり、
日立には日立トラベルビューローがあります。
こういった企業にはバックの経営母体が在るわけですし、
労組が一緒だったりもするでしょうから、安定を求めるのなら良いかもしれません。

旅行業界全体に、薄利多売ですし、給与は好くありません。
派遣スタッフも多量、年俸制や歩合制のところもあります。




小6女児が自殺図り意識不明の重体 長崎市教委「いじめあった」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130720-00000221-fnn-soci


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/20 Sat. 01:19 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5392-dbb7423e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。