07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

夏ボーナスに″アベノミクスの恩恵″なし? 中小企業の1割、″今夏はゼロ″ 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
写真提供:マイナビニュース インターワイヤードはこの程度、ネットリサーチ「DIMSDRIVE」のモニターを対象に実施した「2013年 夏の報奨金に関するアンケート」調査の結果を発表した。同調査は、2013年6月21日~27日の期間にインターネット上で行われ、7,822人から有効回答を得た。
回答者のうち、夏の報奨金が「出る・出た」人は30.6%で、前回調査時の2011年と比べると1.8%減少。従業員数別に見ると、1,001人以上の企業では89.6%だったのに対し、11~100人では56.1%、10人以下では25.4%と、従業員数が少なくなる程度「出る・出た」人の割合が低くなった。また、100人以下の企業の9.9%、10人以下の11.9%が「報奨金制度は有るが、今夏は出無い」と回答していた。
昨年夏の報奨金額からの増減を尋ねたところ、「増えた」が18.5%、「減った」が26.4%、「同じくらい」が50.0%となった。
報奨金額の満足度を聞くと、「非常に満足」は4.4%、「まあ満足」は27.7%で、計32.1%が『満足』していると回答。一方、「やや不服」は18.7%、「非常に不服」は24.0%で、計42.7%が『不服』と感じていた。
報奨金額に対する"アベノミクスの影響"については、「あまり感じ無い」は23.3%、「全く感じ無い」は48.9%となり、『感じ無い』と答えた人の割合は72.2%に上った。それに対して、「非常に感じる」は1.9%、「やや感じる」は6.5%で、『感じる』とした人の割合は8.4%にとどまった。
報奨金が「出る・出た」人に使い通路を質問すると、トップは「貯金銭」の43.2%。以下、「生活費にあてる」の23.4%、「ローンや借金銭の返済」の23.2%、「国内旅行」の16.6% 「ショッピング」の14%と続いた。前回と比べたところ、「投資・運用など」の割合は2011年の8.2%から今回は8.8%と、全項目の中で唯一増加していた。
報奨金が「出る・出た」人に、今回の報奨金のうち自分が自由に使える割合を尋ねると、最も多かったのは「1~20%」で30.6%。次いで、「自由に使えるお金銭は無い」は28.7%、「全額自由に使える」は23.6%となった。
専業主婦に、主婦業に報奨金が出るとしたら、自分の仕事ぶりではいくら貰えそうかと聞いたところ、「(5万)~10万円」が25.1%で最多。以下、「(3万)~5万円以下」が15.1%、「(10万)~20万円以下」が14.4%と続いた。
昨年の同時期と比べた"身近に感じる景気"については、「良くなっている」は11.0%、「悪くなっている」は29.2%、「変わら無い」は46.9%となり、過去5年間と比べて「悪くなっている」と答えた人の割合(2011年54.1%)は少なかった。
(御木本千春)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
【インタビュー】"アベノミクス"の仕掛人、竹中平蔵氏に聞いた!「日本経済、どうなりますか?」夏の報奨金が有る人は60%、28%が昨年より「増えた」 -ライフメディア夏の報奨金、平均支給額は55.9万円--前年比6.4万円増、4割が「増えた」関連ワード:報奨金 中小企業 主婦 景気 モニター






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



pdaj0506さん

旅行企業への就職について?


旅行企業への就職について調べているのですが、大手旅行企業ってJTBやHISなどをいうのでしょうか?
どの企業への就職をお勧めしますか?
また、給料は良いの
でしょうか?
教えてくださいm(__)m

ちなみに、私は旧帝大のレベルの大学に通う大学生です。




ベストアンサーに選ばれた回答


hama_kuroさん


旅行業の大手3社といえば
JTB・近畿日本ツーリスト(近ツー)・日本旅行です。
東急観光(トップツアー)を入れて大手4社っていう場合もあります。
HISは、国内に力を入れ始めましたし、国内のチョー安エアラインとの関連で
人気も上昇したかもしれませんが
元々は海外へのチョー安ツアーが専門です。
給与や実態等を良く研究したほうが良いでしょう。

旧帝大レベルの人が勤めるなら、
鉄通り道企業本体に勤めて、出向で鉄通り道系の旅行企業に行くといった形のほうが
後々を考えると良い気がします。
JR東日本だろうと、東武だろうと、京急だろうと小田急だろうと、
どこも大抵旅行事業もやっていて旅行企業もありますし。
鉄通り道系は宅地や別荘地の開発、宿の経営などもやってますけどね。
また、いわゆる大企業だと、
ハウスエージェント(自前の旅行企業)を抱えていることも多いです。
例えば、東芝には東芝ツーリストがあり、
日立には日立トラベルビューローがあります。
こういった企業にはバックの経営母体がアルわけですし、
労組が一緒だったりもするでしょうから、安定を求めるのなら良いかもしれません。

旅行業界全体に、薄利多売ですし、給与は良くありません。
派遣スタッフも多数、年俸制や歩合制のところもあります。




重低音タイプや
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130722-00000008-impress-sci


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/22 Mon. 13:56 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5410-99e97c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。