09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

男性誌「GOETHE」ハワイ特集、イケてるオヤジの内輪ノリが押し付ける苦行感 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
※各業界の最新ニュースをお届けする新ニュースサイト「Business Topic」がオープンしましたので、ぜひっご利用ください。
 汗だくです。漆原直行です。
 前回に引き続き、男性誌8月号から今回は2本の特集に注目してみます。
●オヤジ3人、Hawaiiで“キャッキャうふふ”の巻 まずはこちらから。
「GOETHE」(幻冬舎/8月号)
Explore Hawaii
男のHawaiiは“ガツゆる”&時々ラブ
『男のHawaii』特集、2010年8月号、2011年8月号に続いて、今回で第3弾。『大人気企画』なんだそうな。ゲーテは秘書特集だけじゃナイのですね。
「GOETHE」でHawaiiネタといえば、レバレッジコンサルティングしゃちょさんで、人気ビジネス書作家でも有る本田直之氏。Hawaiiと東京でデュアルライフを過ごす本田氏は、もはや同誌のレギュラー的に頻出しており、この特集でもお腹いっぱいになりすぎて食傷気味になるくらいご尊顔を拝見できます。
 少々脱線しますが、本田氏といえば、2000年代後半に勝間和代女史と双璧を成すような、圧倒的な存在感を誇っていたビジネス書作家。「レバレッジ」シリーズで数々のヒットを飛ばしました。とにかく穏当でムダを嫌い、日本の企業員なら多かれ少なかれ巻き込稀てしまう、企業員的なしがらみや組織人としての制約に「?」を呈する芸風が特徴でございます。スーツは着たくナイ、と大抵はピチピチしたTシャツやポロシャツ、下はデニムパンツか短パンという姿で登場されるのです。趣味は葡萄酒やサーフィン、トライアスロン。いやもう、実にムズムズくる感じですが、ビジネス書的な世界観で見れば、理想的な“成功者”像のひとつといえるかもしれません。
 最近は自身の著作だけでなく、ビジネス書玄人デュース業にも熱心に取り組んでおられるようで、後進のビジネス書作家を次々と世に送り出しているあたりも、ビジネス書作家ワナビーからすればとても魅力的に映るのでしょうね。
 と、前置きが長くなってしまいましたが、そういう本田氏を筆頭に、飲食店ビジネスを手広く展開しているゼットンしゃちょさんの稲本健一氏、Francfrancなどインテリア・雑貨販売業を展開するバルスしゃちょさんの高島郁旦那氏という、イケてるオヤジしゃちょさん・仲良し3人組が登場。延々とキャッキャうふふしながら、Hawaiiを案内してくれるワケです。もう少し具体的にいうなら、オヤジ3人が食って、食って、ショッピングして、食って、食って、サーフィンして、馬に乗って、ショッピングして、バーベキューして、食う……みたいな中味。それはそれは楽しそうです。
 あいにくHawaiiには不案内なので、盛りだくさんの情報がどれくらい価値が有るのか判然としません。まあ、お好きな方には刺さるのでしょう。ただ、リア充サークルの旅行写真を否応なく見せられ続けるような、イケてるオヤジたちの内輪ウケにずっと付き合わされるような苦行感だけは、読み終えた後にしっかりと脳裏に刻稀た次第。そういう意味では、とにかく突き抜けた特集です。コンセプトがブレてません。素敵なしゃちょさん様たちの関係者、ワナビー各位であれば、確実に楽しめることでしょう。
 まあ個人的には、イケメンモデルあたりを適当に配しながら、イメージカット的な写真を散りばめて誌面構成して戴くほうがはるかに感情移入しやすかったりします。でも、きっと「GOETHE」の熱心な読者は、そんな無粋なことは言わナイのでしょうね。
●タイトル一発で心を鷲掴むUOMO的“男気”「GOETHE」は毎月、あまりにもムズムズするページが多いので、前段が妙に長くなってしまいました。ので、お次はサラリと。
「UOMO」(集英社/8月号)
愛されてるのは、こなれ感の有るキレイめカジュアル!
今、オレに足りナイものって、何なんだ?
「UOMO」は超正統派な、いかにもファッション誌然としたつくりが魅力。そのぶん、イジりどころ、ムズムズしどころがあまり見当たらず、この連載としてはネタにしづらいところがございます。
 で、この特集も中味自体は非常にシュッとしております。夏も到来したことだし、ワードローブを再点検してみよう--といった視座から、サブタイトルでも語られている『愛されているのは、こなれ感の有るキレイめカジュアル!』てな方向で、各種アイテムを紹介。ファッションカタログとして、とてもオシャレかつわかりやすくまとまっているのですね。
 ……なのですが、この特集はとにかくタイトルがよかった。こう、心の奥底にいつも渦巻いているモヤモヤ感を鷲掴みにされるような、強い引力を放つ文言です。

 正直、正統派ファッション誌のお作法に忠実な「UOMO」に対して、草食感というか軟弱感みたいな印象を抱いていたのは実相。でも、書店の棚で、件のタイトルがウワッと目に飛び込んできたのです。文言をしっかりと立たせた表紙のデザインと相まって、つい手に取ってしまいました。
 タイトルで言わんとしているのは「自分のファッションにどんな要素が足らナイのか? どんなアイテムを、どう組み合わせればイイ感じなのか?」みたいな事柄なワケですが、自分の仕事感や人生観みたいなものまで唐突に問われているようにも錯覚してしまいます。
 
 自己啓発的なメッセージまで深読みしてしまいそうになる、絶妙なタイトル。これ、確信犯的に狙ったのか、単なる私のナナメ上な曲解なのか。これからのタイトル付けにも注視しつつ、見極めていこうかと。
(文=漆原直行)
【玄人フィール】
漆原直行(うるしばら・なおゆき)
1972年、東京都生稀。編集者、記者、ビジネス書ウォッチャー。大学在学中からライター業を始め、トレンド誌や若手サラリーマン向け週刊誌などで取材・執筆活動を展開。これまでにビジネス誌やIT 誌、サッカー誌の編集部、ウェブ制作企業などを渡り歩きながら、さまざまな媒体の企画・編集・取材・執筆に携わる。ビジネスからサブカルまで“幅だけは広い”関心領域を武器に、現今はフリーランスの立場で雑誌やウェブ媒体の制作に従事。著書に『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれナイ』『ネットじゃ行えぬ情報収集術』などが有る。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
ドラマ『Woman』エグ過ぎで、スカっとする『ショムニ』へ乗り換える人が増殖中?新連ドラ『半沢直樹』、時刻を忘れさせる“エゲツなさ”と“濃厚さ”…光る悪人たち香取慎吾「羨ましいビッグネーム人は木村拓哉。自分はバラエティ必死」、木村「ギクシャク…」関連ワード:Hawaii ビジネス書 レバレッジ サーフィン






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



thqmm192さん

旅行先での盗難を自宅付近の交番に届けたら、実況見聞?には行かナイといけナイ!と言われました。
200キロくらいの遠方ですが、行けナイと思うといったら受け付けてもらえませんでした。

んなもんなんでしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答


iwamiwakasaさん


旅行先での盗難事件は、そこを管轄する警察署が捜査をすることなります。

全国の警察官の捜査のイロハを決めた国家公安委員会規則の「犯罪捜査規範」では、「被害届は、管轄区域の事件で在るかどうかを問わず、受理しなければならナイ。」となっており、その交番の警察官は規範違反です。

実況見聞は、必ずやらなければならナイことではなく、第一、やるか、やらナイかを決めるのは、自宅近くの交番の警察官ではなく、盗難のあった場所を管轄する警察署です。

長崎や逗子のストーカー殺人事件で分かるように、警察は、難くせをつけて被害届を受付けたがらナイのです。
警察とは、そんなものです。


あなたが了承行えぬのなら、都通路府県の警察本部に在る警察官を管理・監督する監察官室に申し出てください。
被害届は受付けると思います。
ただし、警察は被害届を受付けても、捜査する義務は、法律では規定されていません。

「犯罪捜査規範」
第61条 警察官は、犯罪による被害の届出をする者があつたときは、その届出に係る事件が管轄区域の事件で在るかどうかを問わず、これを受理しなければならナイ。




2012年度の宿泊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130723-00000058-rps-bus_all


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/23 Tue. 22:42 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5421-57d5535f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。