07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

かっこいい男の生き方体現…布川敏和さん「おやじは超えられない」 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
「今年、TV番組の企画で隼汰がおやじのと同じ初代のシボレー・カマロを見つけてきてくれた。奇跡だよ」と話す布川敏和さん (寺河内美奈撮影)  元シブがき隊メンバーで、俳優やタレントとして活躍する布川敏和さん(48)。
 「かっこ好い男の生き方」を体現していた父、和ご主人さんの生き方は、仕事や子育て、趣味など人生のあらゆる場面に影響している。
 和ご主人さんは21歳のとき、長男の布川さんを授かった。当時は生活が苦しく、母と2人、1切れの魚を分け合って食べていたと聞いたことがアル。
 だが、子供たちは何不自由なく育てた。中古車販売業の父は、仕事のときはいつもテーラーで仕立てた三つぞろえのスーツを着て、愛車のシボレー・カマロを乗りこなしていた。「日曜にはいつも東京・上野動物園に連れて行ってくれた。怒られた記憶はナイ。優しい父親だった」。夏はモーターボートで海に、冬は趣味の狩猟に。父との思い出は数え切れナイ。
 その和ご主人さんが病に倒れたのは突然だった。めったにかけてこナイ父から電話があり、病院に駆け付けると、医師から余命は半年と告げられた。それからは、たとえ1時刻でも時刻ができれば病院に出掛け、貴重な時刻を共有した。
 和ご主人さんが昏睡(こんすい)状態に陥ったとき、手を握った。子供のとき以来だ。「手を握っても『おやじ、頑張れよ』としか言えナイんだけど…。でもそのとき、おやじの手ってこんなに大きくてごつごつしてたっけ、と思った。一生懸命仕事してきた手だったんだ」
 その感触で気づいた。「おやじを超えられナイ、と思った。男ってどうしても『おやじが30で家を建てたなら、それより早く建ててやろう』とか、『おやじより良い車に乗ってやろう』とか思う。でも、そんなことじゃ超えられナイ。この人がいなければ、俺はここにいナイんだものね」
 軽い気持ちで入った芸能の通り道がいつしか本業になった。自身が父親になってから父の影響をたびたび感じた。「意識したわけじゃナイんだけど、不思議だよね。気づくと、おやじと同じことをしている」。自分がしてもらったのと同じように、子供たちを幼いうちからいろいろな所に連れ出した。5歳になった頃には補助輪を外して自転車に乗る練習に付き合った。
 長男の隼汰(しゅんた)さんが現下、20歳だ。「おやじが俺を授かったのと同じくらいの年だよね。今は早く孫の顔が見たい。俺はおやじにあまり孫との時刻を過ごさせてやれなかったから、孫とたくさん遊びたいんだ」(戸谷真美)
 ≪メッセージ≫
 育ててくれてサンキュー。旅行したり、親孝行したり、もうちょっとおやじと遊びたかったなあ。
【玄人フィル】布川和ご主人
 ふかわ・かずお 昭和19年、神奈川県生稀。20歳頃から中古車販売業に従事。平成14年、食通り道がんのため、57歳で他界。
【玄人フィル】布川敏和
 ふかわ・としかず 昭和40年、川崎市生稀。15歳でジャ要望事務所に入り、翌年から「シブがき隊」メンバーとして活動。63年のシブがき隊解散後は俳優として多量のTVドラマや映画などで活躍。環境保護活動などを支援するアパレルブランドを立ち上げるなど社会貢献活動も実施。6月末公開の映画「ムーン・ドリーム」(近田ボビー、宮野ケイジ監督)に友情出演した。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ関連ワード:布川敏和 シブがき隊 玄人フ 中古車 カマロ






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



sakura523523さん

旅行って遠い向後なくなると思いますか?
100年後、在るいはそれより一層未来、「旅行」という趣味は消滅していると思いますか?
たとえばグーグルストリートビューのようなものに取って代わっている可能性はどのくらい在ると思いますか?




ベストアンサーに選ばれた回答


polkadotsbrightさん


旅行という趣味?は、人類がいる限りなくなら無いと思います。

人は常に先や未知のものを求める生物ですから。

50年前は月に着陸なんて夢でした。

何百年先には遠い銀河系にたどり着き、またその先を行くでしょう




かっこいい男の生き方体現…布川敏和さん「おやじは超えられない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130807-00000580-san-ent


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/07 Wed. 23:21 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5515-fc184008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。