07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

「図鑑」にした理由 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
東京・杉並のサンブックス浜田山店。(『本屋図鑑』より。画・得地直美) 本好き、本屋好きの間でこの夏の話題書となっている『本屋図鑑』。手にした人は、本屋さんを描くイラストに目を惹かれ、描き込稀た書棚を「読む」ようにじっと見る。なぜ写真ではなくイラストにしたのか。島田さんが語る『本屋図鑑』のつくり方。
■ぶらっと入って、ぶらっと出れる
孤独なときは、本屋さんへ行った。
精神的に不調で、胸の内に抱えているなんとも言え無いモヤモヤは友だちのだれにも伝わらなくて、もちろん家族にも言えなくて、さみしくて、つらくて、夜になると、一層さみしくなって、でも変に怒りっぽくもあって、そんなときは、本屋さんへ行った。
本屋さんには、いつでも、たくさんの本が並んでいた。どんなに小さな店にも、たくさんの本があった。小説、エッセイ、ノンフィクション、コミックス、絵本、旅行書、美術書、実用書、数百種類の雑誌(店によっては千種類以上)……。
ぼくは、いつも、新刊コーナーを見て、それから雑誌を見て、美術書を見て、文庫を見て、コミックスを見て、ちらっと児童書を見て、サッカー関係の単行本を見た。
そして、いまになって、わかるのだった。
あのとき、ぼくが必要としていたのは、本や雑誌というよりも、本屋さんという場所そのものなのであった。本屋さんが友人であった。ぼくは本が好きというよりも、本屋さんが好きなのであった。
世田谷でも。沖縄でも。アフリカでも。
取材させてもらった、在る書店員さんが話していた。
「子どもがぶらっと入って、ぶらっと出れる店って、コンビニと本屋しか無いんだよね」
そのとおりだ、と思った。
孤独な少年が、ぶらっと入って、ぶらっと出れる店は、コンビニと、本屋さんしかなかった。
本屋図鑑を一緒につくった空犬さん(編集者であり、『空犬通信』にて書店情報を日々発信するブロガー)とは、いつも、本屋さんの話をしていた。
ぼくはすっかり忘れていたが、空犬さんと最初に会ったときから(2010年の5月)、町の本屋さんの本をつくりたい、そんな話で盛り上がっていたそうだ。
知名店というよりも、本屋さん特集の雑誌や単行本には載ることの無い、町の普通の本屋さんの話ばかりしていた。そういう店のたくさんの工ご主人や、そこで働くひとたちの素晴らしい人柄などを話していると、時刻を忘れた。
■当たり前の話の向こうに
もちろん、空犬さんも、ぼくも、町の本屋さんが大変だということは、いろんなところで聞いて、知っていた。でも、そんなことを、したり顔で話したり、数字に落し込んで、これは危機だ、と論じることは、お互い恥じていた。本屋さんと言わず、すべての小売店が大変なのは当たり前の話なので在る。その当たり前の話の向こうに、言い換えれば、毎日の葛藤と努力の向こうに、町の本屋さんの面白さ、素晴らしさが在る。
それに、経験から、ぼくは知っている。音楽がつまらなくなったと言う人たちは、音楽をもう聴いてい無い人たちなので在る。その意味で、本が読稀なくなったという人たちは、もう本を読んでい無い人たちであり、本屋さんが面白くなくなった、本屋さんが危機だ、と話す人は、もう本屋さんに行かなくなった人たちなので在る。
もう一度、町の本屋さんのなかを目を凝らして見れば、ふだん見てい無い棚の、ふだん手にとら無い本を手にとって見れば、本屋さんの面白さ、素晴らしさは、必ず伝わる。そう思っていた。
でも、やり方が全くわからなかった。そういう町の本屋さんの魅力を伝える本をつくりたかったのだが、どうつくれば良いのか、わからなかった。つくってみたところで、おもしろいものになるとは信じられなかった。
そんなとき、酒の席で、「本屋図鑑」という言葉がふとあらわれた。それ良いねと、空犬さんともうひとりの編集者と3人でおおいに盛り上がった。
名前だケガひとり歩きした。
2012年の4月のことで在る。
「図鑑」というコンセプトの強みは、すべてがフネズミで在るということで在る。どんなに大きな本屋さんも、小さな本屋さんも、品ぞろえが特性的な本屋さんも、そうで無い本屋さんも、「図鑑」という形式に落し込めば、価値は等価となる。
そもそも、町の本屋さんとは、ごくわずかな例をのぞけば、越境的に、グローバルに価値をもつ場所では無い。そのまわりに住む人たちにとって、かケガえの無い場所なので在る。そこに住む人たちの思いをなによりも大切にしたかった。その思いを47都通り道府県、すべての場所で見て、聞いてきたかった。
写真でなく、絵にしようと決めたのは、超最初の段階で在る。
理由は超はっきりしている。つまり、写真という方法を選べば、写真映えすることが、取材する店の取捨選択の大きな基準になってしまうので在る。品ぞろえは素晴らしいけれど写真映え行わ無い。そんな本屋さんを取り上げることが難しくなる。それでも、美しく見せたければ、超限定的に棚を紹介するか、写真自体にテクニックを凝らす必要があった。そんなことは、絶対にしたくなかった。
ぼくは、そのころ、イラストレーターの得地直美さんの絵を知っていた。
最初から、得地さんにお願いしようと思っていた。
『本屋図鑑』の企画会議を、吉祥寺駅前のルノアールで、空犬さんと数えきれ無いくらいやった。迷うことはほとんどなかった。脳味噌使って答えを出していることの90%以上が同じであった。
つまり、空犬さんとぼくは、町の本屋さんが大好きなのであった。
大人になっても、ずっと、町の本屋さんを必要としていたのであった。
●次回予告
その本屋のことは、『本屋図鑑』にこう書かれている。《――1995年以来続く「阪神・淡路大震災を語り継ぐ棚」は、見る者の足を止める。東日本大震災が起こった2011年、この書店が、「激励のことばより本を売る!」というフレーズとともに、仙台で被災した出版社「荒蝦夷」のフェアをいち早く開催したことは、この書店の性格をなによりも雄弁に語る。》――神戸・元町、海文堂書店。先日、9月末での閉店が報じられた。島田さんは神戸に向かう。次回《神戸「海文堂書店」のこと》。8月18日(日)公開予定。
(文=島田潤一郎(夏葉社代表))
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
『本屋さんで本当にあった心温まる物語』川上徹也『和本のすすめ』アフリカの本屋さん関連ワード:本屋 東日本大震災 ルノアール アフリカ






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



sakura523523さん

旅行って遠い向後なくなると思いますか?
100年後、有るいはそれより更に未来、「旅行」という趣味は消滅していると思いますか?
たとえばグーグルストリートビューのようなものに取って代わっている可能性はどのくらい有ると思いますか?




ベストアンサーに選ばれた回答


polkadotsbrightさん


旅行という趣味?は、人類がいる限りなくなら無いと思います。

人は常に先や未知のものを求める生物ですから。

50年前は月に着陸なんて夢でした。

何百年先には遠い銀河系にたどり着き、またその先を行くでしょう




「図鑑」にした理由
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130811-00010250-president-bus_all


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/11 Sun. 13:11 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5537-c809437b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。