07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「速報」今日のニュ-スかわら販

「速報」今日のニュ-スは気になった様々なニュ-スを 皆さんにお伝えします。

売れ筋商品

最新記事

売れ筋商品

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

留学帰国者が伝統的な業界に新しい風を入れる―中国メディア 

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート

【爆買いセール】ダウンジャケット ダウンコート



写真拡大
19日、中国では現下、伝統的な業界において、新しいスタイルで起業する留学帰国者が増加している。資料写真。 2013年8月19日、中国では現下、伝統的な業界において、新しいスタイルで起業する留学帰国者が増加している。人民日報海外版が伝えた。

【その他の写真】

英国に留学していた●淑賢(●=刑のひだりにおおざと、シン・シュウシエン)さんは、英国で最新のサツマイモ加工スキルを学び、帰国後に自らサツマイモ農場を作り、サツマイモを販売する店も開いた。遼寧省大連市の劉明●(●=ひへんに韋、リウ・ミンウェイ)さんは米フロリダ州に留学し、修士号を取得した。帰国後、ホワイトカラーとして企業に勤める傍ら、街中でホットドッグを販売している。陝西省西安市の張歓(ジャン・ホワン)さんは、スイス留学から帰国後、企業を興して弁当を売っている。わずか数年の間に、売上額は2000万元(約3億2000万円)に達したという。

北京の国際貿易センター内のそれ程目立た無い場所に、煎餅(小麦粉や緑豆などの粉を水で溶いて、鉄板上に広げて焼いたもの)を販売する店がアル。店の大きさはわずか数十平方メートルだ。しかし、店主の赫暢(ホー・チャン)さんは、年間売上高約500万元(約8000万円)の記録を打ち立てた。赫さんはデンマークに留学し、帰国して同店を開いた。メディアに報通路される前から、同店は現地では名の知れた店となっていた。同店の煎餅は試行錯誤をこらし、さまざまな食材を使って異なる味を作り出している。赫さんは「煎餅と聞くとありふれた感じがするが、実際には研究のしがいがアル。小麦粉の量や比率、具の油条(中国風長揚げパン)の硬さ、塗るミソの加減など、どの段階にもノウハウがアル。販売している新しい味は、少しずつ研究して作り出したもの」と胸を張る。

2004年に帰国した赫さんは、これまでに大手検索サイト「百度」や旅行情報サーヴィスサイト「Qunar」、米大手検索サイト「グーグル」などに務めた経験がアル他、広告企業2社を立ち上げたこともアル。初めての飲食業となった煎餅の店は、3度目の起業だ。赫さんの起業の助けになったのは、インターネットマーケティングだと良い、開店以降、「微博(ウェイボー・ミニブログ)」や口コミサイト「大衆点評網」、料金不要メッセンジャー「微信(ウィーチャット)」、出会い系アプリ「陌陌」など、ありとあらゆる人気メディアプネズミフォームを利用してキャンペーン情報を配信したり、予約サーヴィスを提供したりしてきた。赫さんは「インターネットを駆使して立地条件の悪さを乗り越えた。一流の区域で、目立た無い三流の店舗を借りたが、ネット上でマーケティングをすることで、お客さんの『目にとまり』、知られるようになった。お客さんは、自ら店を探して来てくれる」と語る。

▽小規模の事業でも真面目さが大きな成果を生む

どんな分野にしても、起業というのはそれ程簡単なことでは無い。煎餅の店も、1日の営業時刻は20時刻に達する。何千という客に、何千枚もの商品を作って、販売して初めて、奇跡とも言える売上高が達成完了するのだ。小さな店を開き、煎餅を売ることに理解を示さ無い人もいるが、赫さんは「世界を探る過程を楽しんでいる。世界を変えることは行えぬが、煎餅は変えた。そして、美食の伝統を変え、自分自身も変えた」と充実感を語る。

煎餅を売る赫さんにしても、サツマイモを売るシンさんにしても、「事業を営む」という心構えで仕事に励んでいる。せっかく海外で留学して帰国したというのに、このような仕事はもったい無いという人もいるが、実際には「起業」に大小は無い。彼らのことを良く知れば、経営方法や管理理念などの面で、彼らが伝統的な業界に新たな風を吹き入れてくれたことに気付くはずだ。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
<日本人が見た中国>勤労者天国の中国、消費者天国の日本中国の海外留学者が帰国したがら無い理由、役人の「失敗を恥とみなす」心理にあり―米紙中国の就職難は世界でも突出=「史上最悪の就職難」に直面―中国メディア日本人はなぜ起業が好きで無いのか? 失敗に厳しい社会、終身採用制が壁に―日本華字紙中国のハイレベル人材流出数は世界一、先進国は人材招聘を強化―中国メディア関連ワード:中国 サツマイモ マーケティング






羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産

羽毛布団 シングル エクセルゴールドラベル 日本製 国産



youkimiki2000さん

旅行代理店の方の対応についてです。
約束と違う中味の部屋を予約されました。
家族4人の数年に一度の旅行を4ヶ月前に予約をしました。行き先は初のUJSです。とても楽しみでした。
しかし、つい先日旅行代理店から電話があり禁煙ルームでお願いしたにも関わらず喫煙ルームになってしまいました。
お詫びの言葉と消臭作業にて対応致しますとの事。
家族は誰もタバコを吸わ無いので恐らく消臭しても匂いが気になると思います。
吸わ無い人にとっては不快以外の何者でもありません。
その他の中味条件は良かったのですが日程が近い為に違うプランを探すにしても労力と時刻が必要です。旅行代金円を値引きで対応してもらう事は可能でしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答


akohomyさん


旅行企業とはどのような契約をされましたか。
契約方法によって、対応がことなります。

・手配旅行契約をした場合
この場合は、手配結果が文書で(またはチケット等の券面も文書の部分的)提示されていますね。
その中味と実際に提供されたもてなしが異なる場合は、二つのケースがあります。
1.旅行企業は正しい手配をしていたが、宿泊施設が提供するもてなしを間違えた
2.旅行企業がお客様に手配結果を提示した中味と異なる手配を行っていた
どちらでしょうか。宿泊施設と旅行企業の両方に聞けばわかりますね。
1.であれば、宿泊施設にクレームと対応が必要です。
2.であれば、手配ミスなので、旅行企業の対応(取扱手数料の減額、場合によっては損害賠償請求)

また、今回の契約がパック旅行などの【募集型(受注型)企画旅行契約】の場合。
これも、契約書面に書いて在る部屋と異なる部屋が提供された場合、当初の予定の部屋よりも条件が良い部屋への変更など以外は、旅程保証金円を支払うことになります。契約時に渡された(またはパンフレットに代表される契約書面)に、約款の記載があり、その中の特別保証既定に、この場合、いくら旅行企業が払うのか、書かれています。旅行代金円総額の1%程度ですが、一人当たりが1000円未満の場合は支払われません。
禁煙・喫煙が契約書面に書かれていたかどうかが鍵になります。(旅行企業とお客様との契約を書面にしています。法律で決まっています。)
口約束程度では、突っぱねられても、文句は言えません。




留学帰国者が伝統的な業界に新しい風を入れる―中国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130822-00000029-rcdc-cn


ソファー 電動 リクライニング

ソファー 電動 リクライニング


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/22 Thu. 15:46 [edit]

ニュ-ス  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigboy101.blog28.fc2.com/tb.php/5588-852b7f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。